カテゴリー別アーカイブ: 未分類

銀行でスムーズにお金を借りる方法

どこの金融機関等でも同じですが、お金を貸すときには、順調に返済になるかということです。
この点に不安があるとなかなか貸してくれません。

そこで通常の勤め人はいきなり銀行に行って、お金を貸してくれと言ってもなかなか審査は難しいです。
銀行でお金を借りるときには定石があります。

まずは自分の家とか会社から近い地元の銀行がいいですね。
やはり地元の銀行は地元の人には少しはやさしいです。

そこでその地元の銀行の支店に通常は給料振込の口座を作ることです。
後は公共料金等の引き落としもこの銀行の支店に決めることです。
これである程度の布石が打てました。

そしてもしボーナス等がある場合は、少なくてもいいのですが、定期預金等をすることです。
これを何年かしていれば実績ができます。

その後にお金を借りるのですが、やはり正当なローンですね。
サラリーマンが通常借りるといえば、真っ先には住宅ローンですね。
それでなければリフォームローンとか家の修理等です。

または車を買うこともありますね。
これらはまともな借り入れです。
それで後は銀行の融資の人と相談するのです。
このときにものを言うのが、今までの付き合いです。
ここでこのくらいだったら無理なく返せるという確信が得られれば普通は貸してくれるはずです。

コピペチェックの結果を表示する

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードを使用してお金を借りる方法には、まずお金の借り入れが有効なクレジットカード会社に登録をしてから借りる上限金額を決めて申請をする必要があります。

無事審査に通ってクレジットカードが家に届いたのなら、すぐにお金を借りられるものがほとんどです。

実際にクレジットカードを持参して、銀行やコンビニなどのATMを使用して借りる方法を試してみましょう。ATMでの操作の方法としましては、大体キャッシュカードで現金を引き出す時とほぼ同じなのですが、違う点は主にATMの画面上でタッチする場所だけなのです。

実際の操作の仕方なのですが、ATMにカードを入れたあとに表示される「お引き出し」または「クレジットカード」のいずれかを選択します。次に、「お借り入れ」をタッチし、クレジットカード登録時に記入した4桁の暗証番号を入れます。

その後「キャッシングサービス」という場所をタッチして、引き出したい金額を入力すればキャッシングの完了です。その際に、お金の返済方法が表示されると思うのですが、一括で返したいのならば「一括返済」、他にも「カードローン」や「リボ払い」などの項目があると思うので、自分に合った返済方法を選ぶようにしましょう。

消費者金融でお金を借りる方法

消費者金融でお金を借りる方法として、いろいろ方法はありますが、その1つとして、パソコンの画面から、必要事項を入力して身分証明書の提出をして、金融機関からの返事を待つ方法があります。

身分証明書の提出は、パソコンにアップロードする方法とファックスで送る方法等があります。

2,3日後、電話かメールで返事が来たら必要事項を伝えて、承認が下りるか否か待ちます。承認が下りましたら、郵送でカードを送ってきますので、その日から使用できるようになります。
 
その他の方法として、消費者金融機関の場合は、無人契約所が設置してある市町村があるので、そこへ出かけて行き、画面の向こうからの担当者の指示通りに必要事項を記入して、身分証明書の提出をして返事を待つ方法があります。

この場合、無人取扱所では、承認が下りれば、即日融資してもらえる事も出来ます。急ぎの人は、この無人契約所を利用する方が良いと思います。
 
その他、郵送で書類を取り寄せて、必要事項を記入して、身分証明書の提出をして、また郵送で送り返す方法もあるかとは思いますが、この方法は日数がかかり、利用する人は、パソコンのない人や、無人契約所のない市町村の人に多いと思います。
 
ところで、消費者金融機関の場合は、所得証明書の提出が厳しく、銀行系カードローンより低い金額で抑えられています。総量規制も銀行系に比べて厳しくなっていて、承認が下りましても、希望額に満たない場合が多いようです。

封筒に入れてあったはずのお金が無くなった!

ある日、私は海外旅行にてイタリアへ行ってました。初めてのヨーロッパへの海外旅行という事もあり、荷物をわかりやすく分けておいてすぐに取り出せるようにしておくなどきちんとカバンの中を整理しておきました。ところが買い物に出かけようとして財布を見た時にあるはずのお金が無くなっていたのです。

金額は2万円だったのですがユーロに換金をせずにとっておいた日本円でした。そのお金が無くなったことで日本に帰国できなくなったり、大きなトラブルにはなりませんでしたが何かあった時のために用意しておいたお金だけに不安な気持ちになりました。海外旅行でスリにあう話は聞いたことがあるだけにどこで取られたのだろうといろいろ思い返しましたが、これと言って思い当たることがありません。

海外旅行ではチップを渡したり、ふとしたことでお金が必要になります。初めてのイタリア旅行だったのでお金をなくしたことで行動範囲を狭めることにしました。ローマで町のスーパーマーケットで地元住民が普段目にしている雑貨を買おうといった時のことでした。カバンの中に何も入っていない封筒があり、異変に気が付きました。それはいらなくなって捨てたはずの封筒でした。おかしいと思い記憶をたどるとその時に捨ててしまった封筒の中には現金2万円が入ってました。

自分で忘れないように封筒に入れておいたのがよけいにわかり辛くさせていたようです。お金をなくした時には、今すぐお金借りる方法はないものかと考えたりもしましたが、そんな方法を考える前に落ちついて自分の身の回りを調べるべきでした。

専業主婦がお金を借りるのに立ちはだかる壁

先日消費者金融でお金を借りようと電話で申し込んだところ、受付のお姉さんに「専業主婦の方は総量規制の関係で消費者金融では申し込めません。」と断られました。なんでも法律で直接本人に収入のない専業主婦は、消費者金融では契約できないと規定されているのです。そこで慌てて銀行カードローンから借りようと探し直しました。

銀行はお堅いイメージがあるので少し敷居が高いのですが、メガバンクの三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンかで迷いました。もうひとつのみずほ銀行カードローンは口座開設の義務があり、しかも融資までかなり時間がかかるとのことなので除外しました。私は三井住友銀行の口座を持っているので、結局三井住友銀行カードローンに決めました。決め手は持っているキャッシュカードをローンカードとして使え、本人確認書類の提出が不要だったからです。審査も21時までに結果が分かり、審査に通るとすぐにキャッシュカードでお金が借りられるスピードが魅力です。

初めてのカードローンでしたので審査に通るか不安でしたが、10万円の融資限度額で審査に通りました。本当は20万円で申し込んだのですが仕方ないです。それでも専業主婦でも借りられただけマシだと思いました。